サービス一覧

結婚式やお葬式などの様々な冠婚葬祭で、会社を休む必要がある時があります。
土曜日、日曜日、祝日など会社が休みの時に冠婚葬祭があるとは限らないからです。
平日に、結婚式やお葬式がある時ももちろんあります。
特に、お葬式の場合は急な事ですから、自分の大切な人の場合は、最後のお別れをしたいものです。
しかも、お葬式の場合は、不幸があったのが自分の身内の場合は、何日も式の準備をしなければいけません。
お通夜、葬儀、告別式、出棺や火葬の手配など、連続して休む場合もあります。
そんな時は、まず会社に連絡をして休みの申請をします。
有給休暇を消化できる場合もありますし、特別休暇の扱いになる場合もあります。
それぞれ、会社の決まりによっても違いますので、休みの間が有給か無休かなどは、きちんと確認する事が大切です。
もし、年度末など時期的なもので、有給休暇を消化しきってしまっていた場合もありますし、その場合の自分の休みの扱いがどうなるかは、会社と相談します。