サービス一覧

会社勤めをしている人なら誰しも、冠婚葬祭を理由に会社を休まなければならないことがあります。
前もって予定が分かる結婚式参加や自分の結婚式はまだいいのですが、不幸事は突発的に発生するので、休みをもらうことが急になってしまうものです。
病気で長期入院するようなケースもそうなのですが、冠婚葬祭で休むことになっても上司や同僚に迷惑をかけないようにするためには、平素から前倒しで仕事をしていくことはもちろん、自分の仕事内容をオープンにしておくことが肝要です。
休むことそのものについては、会社として有給休暇で処理するか、欠勤で処理するか、といった勤怠区分の確認だけの問題ですが、一緒に仕事をしている方々にとっては、急に人が欠けることで仕事上大変なダメージを受けることも往々にしてあるからです。
平素から自分の業務内容を書き出しておいたり、作業手順書を作成して上司や同僚に開示したりといったことを行うことが必要であるといえます。
そのようなことを心がければ、冠婚葬祭で急に休むことになっても、快く送り出してくれることでしょう。